ウォーターサーバーメーカーで安い会社を教えましょう!

ウォーターサーバーのメーカーで安い会社知りたいですよね。でも安すぎても不安ですよね。毎日体が受け入れる水だから負担にならない程度の料金で継続していきたいなって個人的には思っていたことがあり色々調べたところウォーターサーバー 人気ランキングの中から探せば問題はないという結論に達しました。

ウォーターサーバーで割安感があるかどうかは「サーバーの性能」「水の質」「母体の宅配能力(電話の対応なども含む)」この3点がしっかりしているかどうかにつきます。

だって、極論をいってしまえば水を売っているので水道水を何か手入れして宅配して業界最安値っていわれても困るじゃないですか?それならドンキホーテで売っている格安浄水器なんかを水道の蛇口につければいい話。

ある程度こだわると単なる水でもコストは発生してくる訳でそれなりにしっかりした企業努力が必要にはなってきます。

「サーバーの性能」レンタル無料のウォーターサーバーの原価っていくらするの?

チャイルドロックが適当なサーバーや空気のクリーンシステムが装備されていない旧型のサーバーは1万程度ですから無料でも痛手はないはずですが、最近の最新ウォーターサーバーはコストとしては3万円くらいはかかっていると思います。メーカー(販売元)としては原価が3倍かかっているわけですからいくら儲けの商売と言っても採算が合わないものを無料で貸し出す訳にはいかないでしょう。

市場原理で競合が多数いるウォーターサーバー会社なので、採算が合う、少しかけに出るという勝負もしてくる業者がいそうですが有料で貸し出しているウォーターサーバーを無料にしないのはやはり原価が高いからどうしても有料になってしまう背景はあるでしょう。

ピンク色などは表面的だから低コストで需要がありそう

ウォーターサーバーの性能面だけおっていくと、おそらくですが最新技術だけ、機能面だけの向上はビジネス視点で考えると割に合わないのが現状じゃないでしょうか。特許を取れるかどうかにもよるでしょうが、どこかのメーカーの生みの苦しみはすぐにマネ、模倣されますからね。

簡易的な付加価値は利用者にとっても、メーカーにとってもお互いいわゆるWIN-WINな関係だと思います。簡易的なというのは例えばピンク色のウォーターサーバー等です。色を変えるだけで、女子うけがよくなりこれにするとか、例えば漫画の編集社とコラボして手数料を支払うだけで、漫画好きの人に使ってもらうだとかはそこまで負担が無く、しかも完全コピーのマネはできないので。

このメーカーじゃないとワンピのサーバーは借りれないとか契約を結んでおけばマネできなくなるという意味。

お客さんからするとそういう努力をしているウォーターサーバーは使う価値があると考えています。気づかいが出来るんですよ結局そういうおもてなしが出来るウォーターサーバー会社は。技術を磨くのは勿論いいのですがウォーターサーバーは毎日暮らす家に置くものですからやはり気にいったデザインのモノを置くのは結構大事です。

だから原価をかけすぎてデザインが無視されているとか、そもそも原価抑え過ぎてダサいとかは個人的にはなしかなと考えています。

「水の質」天然水にそこまでこだわる必要はない

天然水の売り文句はだいたい決まっていて、ピュアウォーターか天然水かっていう点。天然水を飲みたいのか、真水が良いのか決めるわけですが、比較すると真水のほうが安いです。これはこれで家庭では実現できないほどの濾過を行っているから問題ないしどの会社の水でも良い。これこそ価格面で安いクリクラ等は選ぶ価値がある会社だと考えていいでしょう。

天然水に関しては一定の基準をクリアしているかどうかが大事ですが正直そこまで差はないでしょう。幻の水とかどこか遠くの飲めない水になぜか価値を感じてしまうのが人間の性。

たとえば「ブラジルの密林の伝説の地下水」ミネラルが日本では取ることのできない南国の水とか、商品出したら一定数売れそうですよ。(実際そんな水はないです)

賢いメーカーさんは厳選された天然水を何種類か販売していて、配送エリアを九州でとってきた水は九州エリアに。富士山でとれた水は関東圏に。という近隣のエリアに天然水を無料で送るシステムを採用している。

このやり方はとても賢いし安くておいしい天然水を飲みたいのならそういうシステムを採用している会社を選ぶのが得策ではないかと考えている。

「母体の宅配能力」ウォーターサーバーは全国配送か否か?

母体の宅配能力が高いことのメリットはスケールを効かせ1商品を提供するのに安さを実現できているかどうかが関わってきます。これを見極めるのは簡単でウォーターサーバーの場合全国配送を行っているかどうかを見ればよいでしょう。

よく小さな会社の戦略としては、希少な商品だから一部のエリアしか対応できないとか良く伝えようとしている会社がありますが、あれはただの言い訳にすぎません。全国に配送する配送網や水をそこまで生産する生産能力が無いだけです。今後そういった能力がつくまでにはある程度の予算を消費しなければいけないのは確実。

全国に配送できるという事は、提携の配送業者に信頼をされているのは間違いないでしょうし力があるので配送コストの交渉もできるはずです。小さな街のウォーターサーバだと配送業者にも舐められて価格を割安に設定が出来ないことは物販ではよくあることです。

細かい事ですが捌く数が多くなればなるほどメリットが働くので全国対応でコストを極限まで安くした無難な美味しい水はたくさんありますから、無駄に高いそれなりの高級な水を騙されて飲まない様にしてくださいね。

今回、私からは以上です。